allone275ME

オールワン275MEの原理と価格と代理店について

オールワンの原理

O1-275ME(オールワン275エムイー)とは、台湾人の医師Dr.Lu(ドクタールー)が開発したAIで体の細胞からでる波動(波長)エネルギーを測定して、全身274種類の細胞の数値判定(1~6)体の波動を分析し、適正に波動を調整をする最新の量子波動機器になります。

WHOの報告によると1/3の病気は、予防保険すれば避けられ、病気は有効な情報によって治療の効果を高める事ができるそうです。

量子波動機器は、健康に役立つための貢献をすることができます。

実際にオールワンはNASAの宇宙飛行士の宇宙服にも縫い付けられていて、宇宙の長期滞在に寄与しています。

アメリカではアメリカ内で量子波動機器がないためオールワンを採用し(開発者のドクタールーは元NASAの客員教授)、ロシアでは宇宙での体調管理がニュースキャンが用いられています。

オールワン275MEの名前は、体の細胞を種類に分けると274種類なのでその次の数が275であること、MEはMedical Editionから命名されています。

原理的にはMRIの技術を応用した量子波動機器になります。

初めて聞く方は胡散臭いと思われる方もいるかも知れませんので、まずはO1-275MEの原理について説明します。

しかし、その前に体は何でできているかを知らなければなりません。

万物は波動でできている

下の図に詳しく書きましたが、人間の体をミクロ化して見ていくと一番小さいものが素粒子となります。

実際観測されているものは素粒子までで、超ひもは理論上あると言われています。

体は素粒子

体だけでなく、この世の見えないものすべてがミクロ化してくと素粒子になります。

学問的に言えば素粒子以降は量子物理学という学問で学ぶことになります。

人体は素粒子の集合体なので量子レベルで見るとスカスカなんです。

また原子核を1メートルとすると電子は2センチしかなく、原子核から電子までの距離は100キロと言われています。

そう考えると体の中にも宇宙があると思っていいかと思います。

生体には電荷(+、ー)と磁荷(N極、S極)があり波動(電磁波)を発している事をご存知の方がいるかも知れませんが、 波動は素粒子の一種になります。

wikipediaによると電磁波は

電磁波は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波である。いわゆる光や電波は電磁波の一種である。電磁放射とも呼ばれる。現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。

と記載されています。

体は小宇宙

目に見えるモノやヒトも目に見えない音、電波、宇宙空間など全ての万物は波動でできています。

また電子レンジなどから発せられる人工的な電磁波と異なり、生体本来からでる電磁波は健康に害を与えることはありません。

体には電磁波の性質があるので、目に見えなくても体の部位ごとに周波数(数値)があり、健康な体の周波数というものが存在します。

オールワンは経絡と顔認証により、数十秒で全身に関するレポートをだして、ずれている周波数を正常に調整する機能を持った世界初電波式(従来のものは音波式)で小型の量子波動機器になります。

波動、波長、周波数、振動数、電磁波、素粒子は、厳密な意味や単位など異なりますが大まかに同様の意味と捉えていただけたらと思います。

O1-275MEの機能と特長と価格

All one275MEは、体の細胞の波動を測定して、体の波動が健康な状態からどの程度ずれているかを測定し「波動の異常予測の分析報告」という19枚のレポートをわずか30秒ほどでだしてくれます。

そして体の細胞の波動を数値的に良い状態に調整してくれる量子波動機器になります。

これまで量子波動機器は、持ち運びができない大きなものが中心(測定器+ソフトの入ったノートパソコンが必要)で、何百万円もする高価なものばかりでした。

またこれまで量子波動機器(バイオレゾナンス、メタトロン、ニュースキャンなど)は高額にもかかわらず、バージョンアップ度にシステムそのものを買い替えなければならないものでした。

ところがO1-275MEは従来の量子波動機器と異なり、持ち運びもしやすい時計のようなウェアブル端末とiPhone(6s以降)又はiPad(2015年1月以降のモデル)が必要ですが、バージョンアップもアプリを更新するだけで無料ですることができます。

オールワンの価格

商品名 価格(税抜)2019年11月現在
オールワン276PE(個人用) 200,000円
オールワン275ME 666,000円

健康だけでなくビジネスチャンスにも

このような持ち運び易い本体と価格はビジネスにも新しい可能性を生みだします。

例えばセラピスト業界など対面で行うサービス又は施術を行いながら使用するなど。

毎日使用しても良いものなので、会社を経営している方は15分~20分ほどで波動調整が終了しますので福利厚生にも役立つ機器です。

また自分オールワンを使うことでオールワンの真の良さがわかり、代理店となられる方もいます。

まだ発売されて間もないのでオールワンについては厳しい代理店制度はできておりません。

今がオールワンの代理店となるチャンスといえばチャンスなんですが、FCビジネスと同様に使用法や顧客サポートなどは個々の代理店が行いますので(オールワンは一般家電のように買ってもらったら使用法は説明書を読んで自分でやってくださいという類の商品ではありません。)知識を付ける事と覚悟のある方はお問い合わせください。

O1-275ME、O1-276PEによる波動解析・波動調整は、医師が行う健康診断や治療などの医療行為ではありません。

体の細胞は、各細胞ごとに状態のよい周波数(波動)は決まっています。

細胞の波動分析し適度な波動に調整する機器になります。

【東京】オールワン体験会(ほぼ毎週金曜日)
オールワン体験会
  • 量子波動機器に興味のある方
  • オールワンを体験してみたい方
  • オールワンの購入に迷われている方
  • オールワン275MEと276PEの違いを知りたい方
  • 他店でオールワンを購入されて使い方がわからない方

 

などを対象にした、オールワン体験会(勉強会)を
ほぼ毎週金曜日に行っています。

奮ってご参加ください。